So-net無料ブログ作成

ブランシュたかやまへスキー2018年1月23日~24日 [スキー]

毎日天気とロッジの宿泊者状態をチエックし、やっと予約がとれ行って来ました。しかし東京は前日大雪注意報が出るほどの雪が降り、思いもしなかった首都高速が八王子まで通行止めで八王子ICまで2時間かかりました。
我が家の近くの雪縮小・都内の雪.jpg 
運転交代した談合坂SA
     縮小・談合坂.jpg
中央道は雪もなく順調に諏訪南ICを降りたかやまへ向け走っていましたが、清里を過ぎると道路にも薄く雪がつもりブリザード?のようで一瞬前が見えなくなったり、雪道運転に慣れていない私は、白樺湖までの雪の登りの山道に肩がガチガチに凝ってしまいました。たかやまスキー場のPに着いたのが14時半過ぎで家からなんと6時間もかかってしまいました。今年初めてスキーをはくので誰もいない下のゲレンデで一人滑り具合をみて、ロッジへ帰る途中で。
     縮小・スキー場からの帰り.jpg
昨年から宿泊するようになった山小屋風のロッジは、夫婦でスキー学校のコーチもしていますがお料理がとても美味しく私達は気に入っています。
まずワインを飲みながら
     縮小・前菜.jpg
二人分のサラダも多く・・・
     縮小・サラダ.jpg
ポタージュも美味しく
     縮小・スープ.jpg
         縮小・メーンデッシュ.jpg
朝起き車の上の雪に驚きました。
     縮小・アングラーズハットと車.jpg
チラチラ雪の舞うのをみながらの朝食です。
     縮小・朝食.jpg
このまま帰ろうかと考えているとロッジの奥さんが「修学旅行の生徒さんはこれ位の雪でも滑りますよ」上のゲレンデで午前中券で滑っていると、天気も回復し気持ち良く滑ることが出来ました。しかし昼過ぎに風と共に小雪が舞い天気の回復の見込みがないので帰る事に。帰りの大門峠は雪が舞っていました。
     大門峠・縮小.jpgIMG_20180123_180710.jpg
nice!(2)  コメント(3) 

たかやまでスキー 2017年2月1日~4日 [スキー]

昨年はバネ指でストックが持てず、3年前にひざを痛め何とスキーをはくのは3年ぶりかな?
ブランシュたかやまは南諏訪ICから1時間ほどで車山や霧ヶ峰の近くです。今でもスキー場はボーダー禁止で「シニアと子供にやさしいスキー場」です。泊まったのは「アングラーズハット」友人から勧められ急に予約を入れ行って来ました。
ロッジのベランダに巣箱がありシジュウガラがご挨拶に
シジュウガラ・ブログ.jpg
リフトで上まで行きスキー地蔵ブログ.jpg
槍ヶ岳や槍ヶ岳・ブログ.jpg
キレットが見えました
ブログ3.jpg
しばらくぶりだったのでぎこちない滑りで下まで
滑り・ブログ.jpg
1日スキー教室へ入ったのですが平日だったので生徒は私一人で教室料金でプライベートレッスンでした。

スキー 2014年1月10日~12日 [スキー]

昨年・一昨年と2シーズンは体調を崩しスキー板をはくことが出来なかったのですが、久しぶりに孫もスキーがしたいというので行って来ました。八ヶ岳の山麓にある「富士見高原スキー場]です
初めて板をはく孫は「怖い」の連発でした。
     菫すべり.jpg
そこで優しく指導?です。
    練習.jpg
一日の最後はそり遊びですが、こちらは私が「怖い」でしたね(笑)
     そり.jpg
ホテルに戻り。私達は疲れているのですが元気な孫と探究路の散策です。
     ホテル内の探検.jpg
そして夕食後はロビーで1時間ほどコンサートがあり孫もしっかりと聞いていました。
     演奏会.jpg
朝ホテルのベランダからの甲斐駒ケ岳です。スキーよりあの山の頂の方が良いのですが・・・。
     甲斐駒ケ岳.jpg
孫も2日目ともなるとリフトに乗り滑ることが出来ました。子供は早いですね。
     菫の滑り・2.jpg
今回私の足の具合を見ることもありましたがやはり完全に元に戻ったとまでいきませんでした。日にち薬が必要なのでしょうか・・・

菅平スキー 2011年3月5~6日 [スキー]

今週も朝5時半に自宅を出発し渋滞の関越道に入りました。今日は泊まりなので余り焦らず・・・スキー場まで4時間余りかかり滑り出したのは12時でした。天気も良く奥ダボスでみた特徴のある妙高・火打ち山です。
     妙高・火打岳.jpg
根子岳の樹氷も綺麗に見えます。土曜日なのにスキー場は空いていますしスノーキャットの受け付けには人もまばらですした。樹氷がわかるでしょうか・・・
     根子岳.jpg
しばらくぶりのスキーなので3時間も滑っていると足がバンバンになり3時半には宿に入りコーヒータイムでした。奥ダボスのゲレンデの雪の木です。
     雪の花の木.jpg

菅平スキー・・・へは行かれませんでした  2011年2月26日(土) [スキー]

今シーズン初のスキーは日帰りの予定でした・・・
朝5時半に家を出て練馬ICへ向かっていると、今朝はなぜか車が多く「こんな時間からスキー場への渋滞?」と半ば半信半疑でした。しかし所沢IC付近で「9キロ先から渋滞」の標識が出ました。既に7時。助手席では「今日は止めよう」とでも川越IC付近になるとなぜか車は動き出しました。「大丈夫かな?」と思い行くと今度は完全に車は止まり、ICを出なかったことを後悔しました。その上「花粉が飛んできたようで・・・」我が家の車はマニュアル車で渋滞では両手を使っているのでたまりません。鶴ヶ島ICからUターンして帰宅しました。
写真は3年前の菅平スキー場です
                 菅平スキー.jpg

白馬へスキーでした 2010年2月11日(木)~14日(日) [スキー]

11日
 天気が良ければ真っ白な後立山連峰が見ることの出来る白馬のスキー場、天気予報は良くないのですが一ヶ月も前から予約をしておいたので行ってきました。6時家を出て中央高速は渋滞もなく豊科ICをおり白馬へと向かっていると、予報通り佐野坂あたりから雨になり白馬の宿へ着くと雨でした。様子を見ていたのですが雨の中滑る気力もおきず宿で沈殿。
12日
朝食後小雪の中とりあえずゴンドラで兎平109へ行きゲレンデへ出るとホワイトアウト状態です。
   ホワイトアウト.jpg
パノラマゲレンデを滑っていると強風のためリフトも止まったので下へ降り名木山・白樺ゲレンデで練習でした。
   滑り・1.jpg
13日
 10時ごろより日もさし始めたのでゴンドラで上に行くと予報より早く天気も回復し気持ち良く滑ることができました。109より兎平ゲレンデ。このゲレンデを楽しく滑ることができる日が私には来るのかな~無理でしょうね~
   兎平.jpg
14日
 天気は良くこのまま帰るにはもったいない気もしましたが白馬から家まで300kの運転を考え今日は滑らず帰ることにしました。雪道運転に慣れていないので僅かな傾斜の坂でも登れず、駐車場にいた男性4名に車を押してもらい駐車場を出るのに時間を費やしてしまいました。そして以前から見たかったわさび園の水車小屋
   水車.jpg
豊科IC近くの犀川に飛来している白鳥見物し早めの帰宅でした。
   犀川の白鳥.jpg

今年初のスキー [スキー]

昨年末には滑りに行こうと思いスキー板のメンテナンスを終え準備はしていたのですがなかなかいかれず、今日は室内の狭山スキー場へ行って来ました。余りにも板の滑りが良くビックリしました。でも・・・もうこれ以上上手くならないのかな~
   CIMG3298.JPG
   

2009年3月5~6日スキー [スキー]

5日(木)晴れ
スキー場としてはあまり気乗りはしないのですが3月末日までの「東急ハーベスト」のチケットがあり、軽井沢スキー場へ行ってきました。高速リフト降りたところで見た樹氷です。
画像 樹氷.jpg
パノラマコーストップからの浅間山
画像 浅間山.jpg
6日(金)
朝から予報どうり雨でした。初めて軽井沢のアウトレッドへ行ったのですが何も買わずに帰りました。
ホテルのチャペルです。小さいときから私の憧れの場所です(笑)
  画像 012.jpg


菅平スキー 2009年2月12(木)~13日(金) [スキー]

上達しないのにスキーに行くのが好きな私を、もういい加減諦めた方が良いのではと家族から言われます。しかしなかなかやめようとは思わず今回も行ってきました。前日雪が降ったとのことで菅平口を過ぎると所々雪があり私のヒヤヒヤ運転を見ていられず助手席から(運転交代!)の声がありました。しかしウィークデーなので車も少なく(練習が大事・・・)と今夜宿泊するロッジまでどうにか辿り着きました。ほんとにどうにかでした・・・。
ダボス・1.jpg
     奥ダボスリフトを降りたところからの真っ白な北アルプス
画像 012.jpg
     平日のガラガラゲレンデ・・・やはり一時の賑わいはなくなっています。
画像 021.jpg
     13日天気は下り坂の根子岳方面


軽井沢スキー 2009年1月31日(土)~2月1日(日) [スキー]

スキーは自分でも練習しなければならないのに今回6歳の子にスキーを教えて欲しいと頼まれました。
31日昼頃雨の中車で出たのですが上信道へ入る頃より雨も止み軽井沢へ着いた時は薄日も差していました。
2時間ほどスキー場で過ごし旧軽井沢にある会員制のホテル東急ハーベストに向かいました。チェックインが遅かったので夕食が7時半とのこと。今度は夕食までプールで泳ぎの練習です。
  軽井沢スキー.jpg
6歳の子は昨年末「スキー教室で6級貰ったんだ」とのこと。私はスキーで6級ってあるの?知りませんでした。帰る頃には僅かでも滑れるようになり本人は「又来たい」でも私は・・・・複雑な心境ですね。

メッセージを送る